旅行条件

旅行条件

認可を受けた事業(タクシーサービス)を実施するため。

LUXI の運営会社 Bankof s.r.o. の輸送スケジュール。

法律番号に従って作成されています。 56/2012 コレクション。道路運送法、法律第 1 号2009 年 8 月道路交通法第 3 号40/1964 コレクション。民法。

1. 導入規定

1.1.この運送規定は、タクシーサービスにおける運送契約の締結に必要な運送業者(以下「運送業者」という)(以下「運送業者」という)の立場におけるBankof s.r.o.(商号LUXI)の運送条件のみを規定するものです。輸送規則」)。

1.2.輸送スケジュールは、運送会社の Web サイト www.luxi.sk および本社で公開された日に有効になります。発行後、その内容はあらゆる運送契約および参加者の権利と義務の調整の一部となります。

1.3.これらの輸送規制の目的上、運送業者は、契約に基づいて乗客とその手荷物への輸送サービスおよび関連サービスを提供する権限を与える特権の有効日から、個人道路輸送 - タクシー サービスの運営者として理解されます。乗客の輸送用。

2. タクシーサービス

2.1.タクシーサービスとは、旅客運送契約に基づき、個人または団体の乗客を目的地まで輸送するために、タクシーサービス車両による旅客輸送の業務を指します。

2.2.航空会社は、譲許の範囲内で運航義務を負い、輸送規制の範囲内で輸送義務を負い、料金表に基づいて関税義務を負います。

2.3.運送業者は、タクシー サービス ステーション、ウェブサイト、タクシー サービス車両上で、広告の形で、または配車サービスを確立して注文サービスを宣伝する形で、提供の基本条件を公表することによって、輸送サービスの提供を提供する場合があります。

2.4.運送業者は、タクシー サービス ステーション、またはコンセッションで指定された領域内のどこでも、乗客が無許可で運転中にタクシー サービス車両に乗っている場合、タクシー サービス車両の運転手を介して乗客と人を輸送するための契約を結ぶことができます。乗客。運送業者は、本社、事前に公表されている別の場所、または通常のルート上のタクシーサービス車両の通常の停留所で人員輸送の契約を結ぶことができますが、バスのルートと同時ではない場合があります。ラインまたはディスパッチを通じて。

3. 運送業者の一般的な義務

運送業者には以下の義務があります。

3.1.輸送法規に従って道路輸送(タクシーサービス)を運営する。 

3.2.運行する各車両の左前ドアと右前ドアにタクシー事業者の事業名をマークする。

3.3.タクシー事業者のコンセッションに登録された車両のみを介してサービスが提供されるようにする。

3.4.各車両に、青、赤、オレンジ以外の色の「TAXI」という文字が書かれた固定式または取り外し可能なルーフランプを付けます。

3.5.各運行車両に、付与された許可に関する書類、つまりタクシー運転手の免許証とタクシーサービス車両証明書のコピーがあることを確認します。

3.6.車両の右前ドアおよびタクシー車内の乗客の目に見える場所に、基本運賃を表示します。輸送開始前に価格が合意されている場合はこの限りではありません。

3.7.道路運送の運行や車両乗務員の活動によって乗客、物の送り手、受け取り人、第三者に対して生じた損害賠償責任に備えて保険に加入する。

3.8.輸送規制の最新版をウェブサイト www.luxi.sk で公開し、入手できるようにする。

3.9.タクシーサービスの有効な料金表に従って乗客を輸送し、輸送後に乗客に輸送完了の領収書を発行し、タクシーサービス車両で料金を支払います。

3.10.乗客の安全、快適、平穏な輸送と荷物の輸送に配慮すること。

3.11。タクシー運転手以外の場合、タクシー運転手と雇用関係にあるタクシー運転手を通じてサービスを提供することを確保する。運送業者との契約に基づいて、タクシーサービスで個人の道路運送を提供する運送業者の場合、これらの運送規則の規定が同じ範囲でその運送業者に適用されます。

4. タクシーサービス車両

タクシーサービス車両は、法律第 2 号に基づく条件を満たす車両のみとなります。 56/2012 コレクション。道路輸送において、運送業者の特権に登録されています。

5. タクシー運転手の権利と義務

5.1.タクシー車両の運転者は、タクシー運転免許証を保有している人のみとなります。タクシー車両の運転者は、運送人又は運送人の従業員(以下「タクシー車両運転者」という。)に限ります。

5.2.タクシーサービス車両の運転手は、特に次のような輸送規制に従って輸送サービスを提供する義務があります。

5.2.1.航空会社のオンライン本社を介した仮想ディスパッチングまたは電話による料金表の事前合意がない限り、いかなる場合でも、輸送サービスに関心を示した乗客には、旅行を開始する前に直ちに運賃額を通知します。

5.2.2.配車からの情報に従って、事前に手配された場所から乗客を輸送し、輸送に興味を示した乗客をどこにでも輸送します。乗客の手荷物およびその他の持ち物を積み込んで固定し、輸送終了後にそれらを降ろす。

5.2.3.交通状況が許す最短の輸送ルートに沿って輸送を実行します。乗客の同意または乗客の提案がある場合にのみ、別の輸送ルートを使用することができます。

5.2.4.重度の障害のある乗客を支援する特別な訓練を受けた犬の輸送を可能にするため、障害のある乗客や身体の不自由な乗客(同伴者、年金受給者、学生、学生を含む)に支援を提供するため。

5.2.5.乗客の同意または提案がある場合にのみ、別の乗客を乗せる。旅客との間であらかじめ旅客運送契約が締結されている場合には、この限りではありません。

5.2.6.支払われた運賃の領収書を乗客に発行します。紙の形式または電子形式のコピーは、タクシー事業者の登録簿の一部です。

5.2.7.乗客の運転免許証をタクシーサービス車両の目に見える場所に掲示します。

5.2.8.タクシーサービス車両に完全な料金条件を設定し、乗客が要求に応じてそれらを検査できるようにすること。

5.3.タクシーサービス車両の運転手は、以下の場合には輸送の実施を拒否したり、開始された輸送を完了しなかったりすることがあります。

5.3.1.これは、特に天候の影響、陸上交通への損傷、または交通事故により、道路の技術的状態および透水性、または輸送ルート上の道路交通の安全性および円滑性を考慮に入れません。

5.3.2.乗客の行動、特に攻撃的または武装している場合、または輸送時間、目的地、輸送ルート、またはその他の状況により、運転手が健康、交通機関またはタクシーサービス車両の安全性について心配する場合。

5.3.3.乗客の状態によっては、タクシーサービス車両を汚したり、運転中に運転手に嫌がらせをしたりする危険性がある。

5.3.4.警告にもかかわらず、乗客がタクシー車内で喫煙したり、飲食したり、輸送されている動物に餌を与えたり、手荷物、新聞、地図、その他ドライバーの視界を妨げたり運転を危険にさらす可能性のあるものを前部座席で扱ったりした場合タクシー車両の。

5.3.5.乗客がその数、大きさ、重量、または形状のせいで一度に輸送できない荷物を持っている場合、またはその大きさ、数、または行動のせいで客室内または荷物の中で輸送できない動物の輸送を希望している場合区画。

6. 人の輸送に関する契約、原産地、内容

6.1.航空会社と乗客の間の契約関係は、民法第 760 条から第 764 条に基づく人の運送に関する締結された契約 (以下「運送契約」といいます) に基づいて生じます。 

6.2.顧客は、次の方法で乗客を伴う人員輸送の契約を結ぶこともできます。 タクシー乗り場またはコンセッションで指定された領域内の任意の場所で、乗客なしで運転中にタクシー車両に乗車しているタクシー運転手を通じて、 ;配車による運送契約は旅客の口頭命令によって締結されますが、旅客は指定された場所まで運送することを目的として運送契約を締結したいことを疑いなく明らかにし、それによって運送業者の料金にも同意します。乗客の輸送を行うこと。

6.3.輸送を実施し輸送契約を締結する前に、乗客はタクシーサービスの有効な料金表をよく知る権利を有します。輸送後、タクシー運転手は乗客の要求に応じて領収書を発行する義務があります。輸送契約を締結することにより、航空会社は、輸送規制の契約条件に従って、乗客を目的地まで適切かつ時間通りに輸送する義務があります。タクシーサービス車両の運転手は、運送契約の締結を拒否し、第2条の条件に従って運送を行うことができます。輸送規則の5。旅客は、締結された運送契約に基づき、運送約款の定めに従って運送を行うことにより、タクシー料金表に従い所定の運賃を支払う義務があります。運賃の支払い拒否は警察に通報することで解決され、裁判所を通じて強制執行も可能です。乗客は遅延に対する法定利息を航空会社に支払う義務があります。

7. 料金

7.1.料金の金額は、ウェブサイト、電話、またはタクシー運転手による仮想配車により、輸送の開始前に常に発表されます。

7.2 通信事業者のウェブサイトでのバーチャルディスパッチとは、ウェブサイト www.luxi.sk のオンライン予約フォームを意味します。

8. 運送契約の終了

8.1.運送業者は、お客様が運送契約の条件または運送規定の規定に従わない場合には、締結した運送契約を解除することができます。タクシーサービス車両の運転手は、次の場合に締結した運送契約を解除することができます。

8.1.1.運転手の警告にもかかわらず、乗客が輸送中にタクシー車内で喫煙したり、飲食したり、輸送された動物に餌を与えたりした場合。

8.1.2.前部座席には、手荷物、新聞、地図、その他ドライバーの視界を妨げたり、タクシーサービス車両の運転を危険にさらす可能性のあるものを置いたりする。

8.1.3.自分の安全を危険にさらし、車内を汚染し、理由もなく輸送ルートと目的地を変更する。

8.1.4.運転手や同乗者の安全、健康、生命に対する懸念を引き起こします。

8.2.運送業者またはタクシー運転手が契約条件または輸送規則の条件に違反した場合、乗客は締結された輸送契約を撤回することができます。

9. 拾得物の輸送及び取扱いの拒否

9.1.輸送の準備ができているタクシーサービス車両の運転手は、次の場合には輸送の実行を拒否することができます。

9.1.1.輸送時間、目的地、輸送ルート、またはその他の状況により、ドライバーが自分の健康、輸送機関またはタクシーサービス車両の安全性について心配する場合。

9.1.2.道路の技術的状況および透水性、または輸送ルート上の道路交通の安全性および円滑性により、特に天候の影響、道路の損傷または交通事故により、ドライバーが運転を行うことができない場合。

9.1.3.乗客が明らかにアルコールまたは他の中毒性物質の影響下にある場合、タクシーサービス車両の汚染または損傷の危険がある場合、または輸送中に運転手に対する嫌がらせが行われる場合。

9.1.4.これは、乗客の行動、特に攻撃的または武装している場合、またはその他の方法で運転手に健康、交通機関およびタクシーサービス車両の安全を心配させるような行動を許可しません。

9.1.5.乗客が荷物を持っている場合、その数、サイズ、重量、形状が原因で一度に輸送できないもの、またはタクシーサービス車両を損傷または汚染する可能性があるもの。

9.1.6.乗客が、その大きさ、数、または行動により、客室または荷物室で輸送できない動物の輸送に興味がある場合。

9.2.タクシー運転手は、タクシー車内で忘れ物を見つけた場合、所有者に引き渡す義務があります。拾得物の所有者が不明な場合、または発見当日に登録を行わなかった場合、タクシー運転手は拾得物をタクシー会社または警察に引き渡す義務があります。タクシー会社の車内に物を落としたり忘れたりした人が申請し、その主張の妥当性に疑いがない場合には、その物が交付されます。拾得者は必要な費用の払い戻しを受ける権利を有します。

10. 責任

10.1. §763第1項によると、民法の2.運送業者またはタクシー運転手の過失により不当な遅延または輸送の実施ができなかった場合、運送業者は、輸送が予定通りに実施されなかったことによって生じた損害を乗客に賠償する義務があります。時間は次のようになります。

10.1.1.遅延に対する補償は、支払われた運賃の比例割引によって解決されます。

10.1.2.輸送を実行できなかった場合の補償は、タクシーサービスの料金表に従って料金を支払うことで解決されます。

10.2.運送業者は、あらゆる努力をしても損害を防ぐことができなかったことが証明された場合には、その責任を免除されるものとします。

11. クレーム、苦情、損害賠償

11.1.乗客、または輸送の実施後 30 日以内に不当な遅滞なく輸送機関からの苦情または輸送に関連した苦情を提出する権限を与えられた人物。乗客は苦情処理の進捗状況について電話または書面で通知を受ける権利を有します。

11.2.乗客は、運送業者の電子メールに苦情を送信したり、運送業者の登録事務所の住所に苦情書を送付したりするなど、輸送に対する不満について苦情を申し立てる権利を有します。

11.3.申し立ての中で、資格のある人は自分の要件を定義し、それを簡単に正当化する必要があります。さらに、請求の正当性を証明する書類および輸送の完了(輸送に対する補償金の支払い)を証明する書類を添付する必要があります。

11.4.請求に必要な詳細がすべて含まれていない場合、航空会社は直ちに請求者に対し、指定された期間内に補足するよう求めます。苦情が完了せず、8 日以上の指定期間内に提出されなかった場合は、提出されなかったものとみなされます。

11.5。乗客、または輸送に関して、または輸送に関連して苦情を提出する権利のある者は、不当な遅滞なく、苦情が関係する事実から 7 暦日以内に書面で航空会社に苦情を提出しなければなりません。

11.6。旅客が健康を害したり、一緒に輸送した荷物や輸送中に携行していた物品に損害を与えた場合、航空会社は法律第 2 号の規定に従って責任を負います。 40/1964 コレクション。輸送手段の運行によって生じた損害に対する責任に関する民法 (§ 427 ~ 431)。

11.7。健康への損害、または乗客と一緒に輸送された手荷物または乗客が所持していた物品に対する補償を求める権利に関する場合。彼は裁判所を通じてこの権利を行使することができます。

11.8。権限を与えられた者が、健康や財産に対する損害、または物の盗難や紛失によって生じた損害を請求する場合、その者は次の手順に従って手続きを進めます。 民法第 106 条。

11.9。乗客と一緒に輸送された荷物または乗客が所持していた物品に対する損害賠償を求める権利については、乗客はまず損害が発生した日から30日以内に運送業者に書面で申請する義務があります。または被害者が被害とその責任者を知った日から 15 日以内。

11.10。この条項に基づく輸送規制の義務の履行および運送業者によるその取り扱いに関する苦情および苦情は、スロバキア貿易検査によって調査される可能性があります。

12. 特別な出来事

12.1.個人運送・タクシーサービスの遂行における異常事態(以下「異常事態」という。)は、タクシーサービス車両の交通事故、または運転者が交通事故の目撃者である場合にみなされる。車両火災。乗客または他人の事故や急病。緊急事態が発生した場合、タクシー運転手は主に次のことを行う義務があります。

12.1.1.直ちに車両を停止してください。

12.1.2.緊急事態の脅威にさらされている乗客と財産を救うために必要な措置を講じます。

12.1.3.負傷者の能力と可能性に応じて、負傷者に必要な応急処置を施し、ただちに専門の医療援助を求めます。

12.1.4.道路交通の安全が危険にさらされず、その回復が可能となるように適切な措置を講じる。

12.1.5。この事実を運送業者に通知してください。

12.2.異常な出来事によって人が負傷したり死亡したり、道路や一般に有用な施設が損傷したり、従業員の最低月給の10倍を超える物的損害が発生した場合、タクシーサービス車両の運転手は直ちに次の措置を講じる義務があります。異常事態を警察当局に通報する。緊急事態の捜査に有害な行為を控えること。警察当局が到着するまでその場所に留まるか、助けを提供して呼んだ後、または緊急事態を報告した後、遅滞なくこの場所に戻ること。この事実を運送業者に通知してください。

13. 最終条項

これらの輸送規則は運送契約の一部ですが、航空会社と乗客は、輸送規則で規定されているものとは異なる権利と義務を書面による合意で調整する権利を有します。運送契約を締結することにより、旅客は、運送契約から生じる権利と義務、および運送規則から生じる権利と義務を航空会社が理解したことを宣言します。航空会社は変更または変更する権利を留保します。輸送規制の解除と同時に、航空会社の営業所および航空会社の Web サイト www.luxi.sk に変更内容の発効日を示す通知の形で変更について乗客に直ちに通知します。輸送命令は、その発行通知の発行日から 15 日以内に発効するものとする。乗客が輸送規則の変更に同意しない場合、新しい輸送規則の有効日から 30 日以内に書面で同意しない旨を通知する義務があります。航空会社と乗客が別段の合意をしない場合には、相互の義務を終了し、相互の請求を解決する権利を有します。旅客が上記の期間内に運送スケジュールの変更に同意しないことを航空会社に通知しなかった場合は、変更に同意し航空会社の申し出を受諾したものとみなされ、旅客は変更後の運送スケジュールに従います。変更の発効日。この輸送規則またはその一部の適用を除外できるのは、乗客と航空会社の間の書面による合意によってのみです。

この配送スケジュールは 2023 年 6 月 9 日に公開されました。

ja日本語